イヌケア

愛犬の健康を基本の情報やドッグフードとサプリメントなどの情報を紹介しています

獣医に聞いた犬の便秘の対処法!ある2つの事をするだけですっきり改善!

犬が便秘の時動物病院で教えてもらったこと

雑種で8歳になるオスの犬を飼っています。あるとき、愛犬が便秘になっていることに気がつきました。普段は散歩をすると必ず便をしていたのですが、2、3日便がでていないことがあったのです。便秘になっても特に変わった様子はなかったのですが、少しだけ食べる量が減ったかなという気はします。

犬と言えどもたかが便秘とあなどってはいけません。人間の場合はポリープができていて便秘になるなど病気が潜んでいる可能性があり、犬の場合も病気が潜んでいる可能性があります。もしも病気で便秘になっていたら心配です。愛犬には長生きをしてもらいたいので便秘の陰に病気が潜んでいないか気になりました。心配なので動物病院で診てもらったところ、病気ではないことがわかりひとまず安心です。
獣医さんからは、水分を摂るようにすることと運動をすることを指導してもらいました。

犬の便秘の原因その1 運動不足

そういえば、便秘がちになったとき運動量がいつもより減っていたような気がします。ときどきドッグランで思いっきり走らせて遊んでいるのですが、私が疲れてしまって遊びに連れていけなかったのです。運動不足が原因なのではないかと思うし、獣医さんも運動をするように言っていたので、今までのようにたくさん遊んで体を動かすようにさせてみました。

ドッグランでは一緒に走ったり、フリスビーをなげたりして遊んでいます。一緒に走っていると私は疲れてしまうのですが、愛犬は疲れてようすを見せません。本当に元気な子です。久しぶりにドッグランに遊びに来たので喜んでいるようにも感じました。

犬の便秘の原因その2 水分が足りない

また、水分が不足をすると便が固くなってでにくくなってしまうので、常にきれいな水を用意していつでも飲めるようにしたり、ウェットフードをときどき与えて水分補給にも気をつけてみました。すると、散歩をしたときにちゃんと便をするようになりました。以前と同じような状態の便です。便がきちんとでたので病気ではないのだと安心できました。

愛犬が便秘になってしまったことで、もっと犬の健康管理には気をつけないといけないなと思いました。何か大きな病気になる前に健康についてしっかりと考えることができたことはよかったです。疲れていると遊びに連れて行くのが面倒に感じてしまうことがありますが、愛犬の健康を守るためには人間側の都合で遊ばせないといったことはしてはいけなくて、きちんと面倒を見てあげることが大切です。疲れているとどうしてもおっくうになってしまうので、私の体調管理もしっかりしなくてはと思いました。