イヌケア

愛犬の健康を基本の情報やドッグフードとサプリメントなどの情報を紹介しています

犬がこたつの暖かさにハマったら低温やけどに注意【獣医が解説】

犬がこたつで低温やけどをするのはなぜ?

冬といえばこたつ!と、暖房器具の王道と言ってもよいこたつ。こたつはとにかく暖かく、布団もフカフカしていて、部屋でくつろぐにはもってこいの暖房器具です。毎年冬にこたつを出すとペットがこたつから出てこなくなる、というエピソードもよく聞きます。しかし、そんな素敵なこたつも実はペットがやけどを負う原因となるのです。

犬はこたつに全身をいれてしまう

一般的なこたつは床に置いて寝転んだりして使えるタイプです。他には足を伸ばせる掘りごたつや、通常の机のように脚が長く椅子に座りながら使用するタイプもあります。いずれのタイプであっても原理は同じで、机の中央に電気によって暖められた熱源があり、暖められた空気を逃がさないために布団をかけて使用するのがこたつです。

こたつの中の温度は、製品や温度設定にもよりますが、大体40〜60度と言われています。犬の体温が38度であることを考えると、体温よりも少し暖かい程度であるため、犬はほんわか気持ちよくて出てこなくなることも理解できます。しかし、足だけを突っ込んでいる人間と違って、犬は全身をこたつの中に入れ、なおかつ中央の熱源に非常に近い位置で寝ることになります。

こたつは直火などよりも低い温度だから大丈夫なはず、と思うかも知れませんが、こたつ程度の温度でも火傷を負ってしまうことがあります。それは「低温やけど」と言われるものです。一般的火傷と違うのは、比較的低温(40度前後)な熱源に長時間接していることで皮膚の「表面」ではなく主に皮膚の「深い部分」の組織がダメージを受ける、というところです。

犬がこたつで負う低温やけどの症状

いわゆる火傷は毛が焦げ臭くなったり、皮膚が赤くなったり、皮膚に水ぶくれが出来たりと言った症状です。しかし低温やけどはすぐに皮膚の表面には変化がおきません。皮膚の深い部分にダメージを受けているので、最初の段階では見た目の変化はほとんどないのです。

犬の皮膚が低温でじっくりと熱せられるため痛みなども感じにくく、低温やけどの状態になっても犬はほとんどの場合気づきません。もちろん始めのうちは飼い主さんも気づかないと思います。犬がこたつに長時間入っていた日の2−3日後になって、犬の皮膚がなんだかグチュグチュしていることに飼い主さんが気づくでしょう。もしくは毛が濡れて固まっていたりするかも知れません。

よくよく見てみると、この時期には犬の皮膚が赤くただれた様子になっています。大抵の人がここで初めて、何かの皮膚病だと思って動物病院を受診します。

こたつで犬が低温やけどになりやすい部位は?

こたつで低温やけどになりやすいのは、犬がこたつの中でどんな体勢で寝ていたかにもよるでしょう。俯せで寝ていたら背中が、仰向けで寝ていたら腹部が火傷を負うことになります。このように、こたつの中の熱源に一番近かった体の部位で低温やけどは起こりやすいのですが、熱がこもりやすい体の部位というのもあります。それは背中です。

皮膚が外から長時間暖められたとき、表面よりも下の組織(筋肉、脂肪など)に熱が蓄積されるのです。犬の腹部の皮膚は薄く出来ていて、皮下脂肪は少ない部分です。一方で背中は皮下脂肪も多く、また筋肉も何層にも重なって存在しています。そのため熱に当たり続けると、これらの脂肪や筋肉に熱が蓄積され、低温やけどとなりやすいのです。

家庭でできるこたつによる低温やけどの応急処置

低温やけどを早い段階で見つけることは非常に難しいのが事実です。飼い主さんが皮膚に異常を感じた時には、すでに発症しているため動物病院で治療を受けなければなりません。しかし、犬が明らかに高温なこたつの中に長時間いたことに気がついたら、まずは冷やしましょう。具体的には冷水シャワーを浴びさせます。冬なので少し寒いかも知れませんが、完全な冷水ではなくても25度以下の設定でシャワーを当てましょう。

シャワーを当てる場所は、やはり低温やけどを起こしやすい部位(背中)を優先してください。あまり長時間当ててしまって、体が低体温になってしまっては大問題ですので、冷水で冷やす時間は10分程度と考えてください。

その後は、温風ドライヤーではなく基本はタオルと冷風で毛を乾かします。その日にご家庭でできることはそれくらいしかありません。その後は24時間おきに全身の皮膚を細かくチェックして、皮膚が赤くなる、グチュグチュした部分がある、などがないかを確認して行きましょう。それらの徴候が見られたらすぐに動物病院を受診してください。もし約7日間ほど観察し続けても皮膚に変化、異常が見られなければ、ひとまず低温やけどは負わなかったと判断しても良いでしょう。

まとめ

こたつも犬の火傷の原因となります。こたつで負ってしまう火傷は低温やけどといい、皮膚の表面ではなく深い部分がダメージを受けるため、犬はほとんど症状を示しません。

もし高温なこたつ内に犬が長時間いたら、スイッチを切ってすぐに外に出しましょう。そして体が熱くなっていたら冷水シャワーを浴びさせて冷やします。低温やけどを負いやすいのは背中なので、そこを重点的に冷やすようにします。

低温やけどは、初期には皮膚にはほとんど変化が見られないため、早期発見したり対処したりするのが難しいです。そのため犬が低温やけどを負わないように、こたつ内に長時間いないよう注意し、また電源をこまめに切るなど温度の工夫などを徹底するようにしましょう。

今回は獣医のはるまき先生に教えていただきました。