イヌケア

愛犬の健康を基本の情報やドッグフードとサプリメントなどの情報を紹介しています

愛犬の室内のマーキング対策で使ったものはこれ

愛犬のミニチュアピンシャーは部屋でマーキングをするのが欠点

私は29歳の会社員の女性です。家族は祖父・父・母・私・弟の5人家族です。一軒家に住んでいます。愛犬は、ミニチュア・ピンシャーで7歳の男の子です。散歩は主に母がしていて、食事の世話は私と弟が交代制でやっています。

愛犬に教えたいことは、室内でのマーキングをやめさせることです。実は、うちの子は小さい頃から部屋の色々な場所におしっこをする癖があるんです。室内のマーキングは、自分の居場所である証を残したいかららしいのですが、おしっこの匂いがあちこちするのは正直参ってしまいます。

獣医に聞いたミニチュアピンシャーが室内でマーキングをする理由

そこで、トイレシートをケージの中に入れて「部屋の中でする際はここだよ!」と合図をしてみましたが、正直トレーニングを始めても本人の理解度は薄いように感じました。かかりつけの獣医さんに聞いてみたところ、ミニチュアピンシャーは警戒心が強いため、縄張り意識が高いことが分かりました。なので、自分の陣地を誰にも汚されたくないという気持ちからマーキングをして自己主張をするようなのです。

また、寂しがり屋な一面も併せ持っているのがピンシャーの特徴です。なので、しつけとしては、愛情を注いで本人の不安を消し、安心感を与えることが鍵と教わりました。また、あまりにもマーキングの頻度が酷いようならば去勢をすれば全くしなくなるよ。と言って頂きましたが、まだ少し可哀想な気がしたのでそれはやめておきました。

そこで、助言を元に愛情を注ぐ事に重点を置いて沢山可愛がるようにしました。そうしたら、少しだけマーキングの回数が減ったんです。ただ、全くしなくなる訳ではないので、何で分かってくれないの!と怒ってしまい、しつけ方法で行き詰まりを感じる時もありました。そんな時は家族で話し合い、どうしたら本人がもっと安心してお家に住めるのかを考え案を出し合いました。

室内のマーキング対策で○○を使ったら効果が抜群だった

そこで行きついた答えが、マーキングをしたら叱る前にオムツを履かせる方法を思い付いたんです。実は、オムツは小さい頃に外での散歩デビューをしていなかった時に履かせていて本人が一番嫌がっていた物でした。蒸れてゴワゴワする感じが苦手だったようです。

このしつけを行なう事で良いメリットがありました。マーキングをしたら、無言でオムツを履かせる方法を繰り返していたら、だんだん本人もいけないことをしている自覚が身に付いてきたようで、マーキングをしてしまった後は耳を垂らして反省ポーズをしたり、自分から寄って来ておしっこをしましたアピールをするようになったんです。

不安そうに相手を伺う目で寄って来るので私達も気が付きます。そうやって本人も反省していることが分かった時は褒めるようにしています。そうすると自分の何がいけなかったのか、どうして褒められたのかが本人も分かるからです。それを繰り返し行なう訓練をしたことで、少しずつ改善の傾向が見られています。これからも本人と向き合いながら時間をかけてしつけていこうと思っています。