イヌケア

愛犬の健康を基本の情報やドッグフードとサプリメントなどの情報を紹介しています

フレンチブルドッグがごはんを食べたくなる食器選びのポイント

フレンチブルドッグは食器選びが重要

私は30歳の専業主婦です。家族は夫・私の2人家族、現在第一子妊娠中です。私のペットは、昨年7月に亡くなったのですが、フレンチブルドッグ・享年10歳・避妊施術済のメスでした。

ペットショップの食器コーナーで一般的な台形型で、顔を突っ込むタイプの食器を購入しました。しかしフレンチブルドッグのような短鼻種の犬には息が苦しくなったり、食事が喉に詰まったりするのか不向きだったようで、食事が進みませんでした。

その後、SNS等でフレンチブルドッグの愛好家の方たちが使用している顔を深く突っ込まなくても良い、ボールを斜めに立てかけたような形の食器をアマゾンで検索して購入しました。検索ワードとしては、「フレンチブルドッグ 食器」で出てきました。金額は5000円弱で、一般的な犬用の食器にしたら少し高いのかな?とも思いました。しかしうちの仔は食事の食いつきが悪かったのですが、この食器にすることで改善したので結果として良かったです。

フレンチブルドッグが楽に食事ができる工夫

お気に入りの食器の素材は陶器でフレンチブルドッグが顔を突っ込んでも大丈夫な形状で、ボールをそり返したような形をしています。食洗機にも投入できるので、お手入れも楽です。この専用の食器に変更してから、今まで食いつきの悪かったご飯を勢いよく食べてくれるようになりました。ただ、フードが底をつき始めると息が苦しそうな時がありますので、少なくなったフードをスプーンで手前に食べやすいように集めてあげます。

フードを残すこともありますので、食器から離れて興味をなくしたら下げるようにして、食べ残しも捨てています。また、フードをほとんど残して、おやつばかり欲しがる時がありますので、フードを食べないと好物はもらえないと理解させるように、フードの食いつきが戻るまでは与えないようにしています。

フレンチブルドッグの場合食いつきの悪さに悩んで、飼い主が手作りフードを駆使している方も多いものです。うちもはじめは、フードが嫌いなんだと思い、手作りをしていた時期もありましたが、市販のドッグフードでも手作りの食事でも食いつきに変わりはなかったため、SNSで同じように悩んでいる飼い主さんの意見をいくつか拝見して、食器に原因がある場合を知りました。

短鼻種ならではの悩みは情報収集で早期解決

食いつきの悪さの原因かもと気付いてから、うちの仔にあったフードボウルを幾つか調べて購入しました。その結果今の食器にたどり着きましたが、いつものフードの食いつきが一気に良くなりとても嬉しかったことを覚えています。やっぱり同じ犬種を飼っている方の情報を調べることって大切なんだ改めて思いました。

ワンちゃん用の食器ははじめに揃えるものなので、愛犬がおうちにやってくる前に購入してしまうこともありますよね。ただ、ペットと飼い主の両方が納得できる食器を選ぶことは、共存するなかでとても大切なことです。短鼻種の犬を飼っている方でごはんの食いつきが悪い場合、食器の形状を見直すことはとても大切なことだと思います。今はネットで色々と調べることができますので、気になる事があったらすぐ検索をすると意外と早く解決することができるかもしれません。